障がい者支援の医療/福祉関係者に対するセミコンの取組を講演

「就業者支援実践研修」にて弊社の障がい者雇用の取組みについて、講演をしました。

講演の内容

会場1
会場1

経営的な視点からみた障がい者雇用

私どもの業界は、生産拠点や人のグローバル化、技術革新の進展、働き 方の価値観の変化等により 新しい枠組みで人事労務のあり方を検討し ていく必要があります。 障がい者雇用を企業の社会的責任として取組む一方で、昨今の少子高齢 化、地方の人口減少等による新規雇用状況の悪化を受け、障がい者雇用 を拡大させることは「法定雇用率を守る事」や「福祉的な課題」としてだけ ではなく、戦力として障がい者を雇用する必要があると考えています。 障がい者に対する固定概念を変えていくことは障がい者雇用を進める上 で大事なステップと考えています。

我が社の障がい者雇用の推移

会場1