リアルタイム地震防災システム導入

この度、沖環境テクノロジー様のご協力の下、リアルタイム地震防災システムを導入、一部運用を開始いたしました。

このリアルタイム地震防災システムは、気象庁の配信する「緊急地震速報」を受信して、「震度」と「到達時刻」を即時的に推定することで

大きな揺れが来る数秒~数十秒前に地震到来の情報を得ることが出来るシステムです。

セミコンの導入したシステムでは、震度4以上の地震予測情報が本システムの機器に入ると「まもなく地震が来ます・・・」の放送と共に、

連動して工場内の自動扉(7ヶ所)が自動的に開放となります。

併せて、SSPに設置してある端末にも情報が伝達され放送設備と連動し自動的にアナウンスされ、ご利用のお客様にもいち早く地震の情報を提供できるようになっています。

地震の数秒前の情報で何が出来るの?と疑問をもたれるかも知れませんが、この数秒で安全姿勢の確保、危険箇所からの離脱など、訓練を通して様々な対応が出来るようになると思われます。

1
図の拡大版(PDF)